システムエンジニア海外での待遇

海外へ転職を考えているエンジニアはどのくらいいるのでしょうか。
エンジニアの方にとっては海外での仕事というのは身近な選択肢なのかもしれません。日本と海外では待遇に差があるそうですが、実際どのような点で差があるのでしょうか。

一番気になるのはお給料。
アメリカやイギリスではエンジニアの地位が高いのでお給料もトップクラスです。フランスでは日本とさほど差はなさそうですが、休日に差があります。日本では有給は取りにくい会社が多いですね。海外ではエンジニアに限らず休暇を取得する文化があるので働きやすいと言えます。日本は海外の流行を取り入れる傾向があるのに、海外のような長期休暇を取り入れている日本企業は聞いたことがありません。

しかし海外もいいことばかりではありません。
海外は日本に比べて解雇されやすいということをご存じでしょうか。日本では正社員であればよほどのことが無い限り解雇されることはありませんが、海外ではあっさり解雇されます。解雇されないように日々スキルアップを・・・と聞けば聞こえはいいですが、いつ解雇されるかわからないのは精神的に参ってしまいそうです。

日本と海外それぞれに良さがありますが海外で働くならビザのサポートをしてくれる企業だと就労ビザが取得できます。会社がビザを申請してくれれば4、5年後に永住権が得られますよ。
需要が高いシステムエンジニアの仕事を海外でやってみるのも悪くないかもしれません。

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です