これからは先制医療

今までの医療は、病気になってから対応するものでした。
病気になってからでなくては対応が出来ないほど、国にも人にも余裕がなかったのかもしれません。それが今では予防医療が当たり前になってきました。健康診断などを受診する人が増え、大病を患う前に対応することが出来るようになってきたのです。

他にもがん検診や結核健診など、一般の人もいろんな種類の健診を受診出来るような社会になってきているのも、予防医学が当たり前になってきているということかもしれませんね。病気になってから対応する医療から、予防する医療になり、今日では先制医療が言われるようになってきました。

これは病気にならないためにどのようなことが必要か、といったことに注視した医療です。
どんなに元気に過ごしていても、いずれ人には寿命がきますし、高齢になるにつれて避けては通れない老化による病気などもあります。
今の日本はこの老化による病気などについても出来るだけ発症を減らしたり、遅らせることによって健康な期間を長く保持しようというものです。

健康であることは経済にも繋がってきますので、これからはこのような先制医療などが中心となった医療に変わっていくのではないでしょうか。そのため医療機器メーカーでは病気の早期発見に役立つような医療機器開発に力を入れているようですよ。
各医療機器メーカーでは得意分野や専門分野が分かれますので、専門のSEを雇用して日夜新しい医療機器開発に力を注いでいます。

これからも伸びていく分野ですし、新しいものを作りだし、また社会に貢献することも可能な仕事ではないかと思います。常に新しいことに挑戦したい人や、社会貢献に興味のある人にはやりがいのある仕事ではないでしょうか。

Comments

Be the first to write a comment.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です